まいでぃあ

私の大好きなバラや猫の徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魅惑のイングリッシュローズ

5月ももう終わろうとしている。
毎年の事ながら5月はお庭巡りや、自分のバラの手入れなどであっという間に終わってしまう。。。
今のルーフはバラも一段落。今日はまとめて開花の終わった枝の手入れと雑草むしりをした。

今年のイングリッシュは昨年よりもすこし少ないかな・・・・

まずは開花の早いこの子から・・・



2007_05080095_1.jpg
メアリーローズ
このバラは私のファーストイングリッシュローズ
97年に京成バラ園で買い求めたから、うわぁ~10年選手!
素晴らすぃ~~~~(≧∀≦)
最初の2年くらいは株も充実していなかったからなのか、返り咲きも少なかったけれども、今ではよく咲いてくれて、癌腫などの病気もなく、本当に元気でいてくれて嬉しいのだ♪




2007_05180118_1.jpg
シャルロット
うわ~!! これも古い!!!
このバラも8~9年は育ててるかな。
反対にこのバラは最初から弱くてね~ 苦労しました。(今でも弱いけど・・)
とにかくキャンカー、キャンカーで毎年のように枝を更新していた気がする。。。根元のところはゲンコツのようだ。花付きも悪いし、最近はちょっと扱いが雑になってきてるかも(^^ゞ
せめてブログだけは新入りさんよりも先に紹介しました。(⌒o⌒;




20070529220426.jpg
ザ・シェパーデス
今年の新入りさん♪
ホームセンターに大量のバラ苗・・・・
ダメよダメよ、と思いながらもしっかり吟味するσ(^_^;)
色合いと香りで一目ぼれしました。
爽やかでフルーティーな香りがほんとうにいいです。
帰りの車の中、相棒とずっといい香りだよね~と話しておりました。
花持ちはあまり良くないものの、昨年強風で根元から枝がボッキリ折れて枯れてしまったヘリテージの代わりと思えば




2007_05200061_1.jpg
スピリット・オブ・フリーダム
こちらは昨年の新入りさん。



2007_05210064_1.jpg
平らなカップからロゼットへ・・・
大輪で存在感があります。
株立ちは直立系なのかな?あまり横にはみ出る枝もなく、樹形は整っていて我が家のようなコンテナ栽培にはありがたい性質みたい。



2007_05280047_1.jpg
そして何が素晴らしいって!
この花持ちのよさ!!! 感動ものです。
この3枚の写真、ずっと同じ枝の花を写しています。脇蕾の花も咲いて房咲きになってもまだ頑張っています。
花が退色して、より優しい雰囲気になりました♪




2007_05280056_1.jpg
アンブリッジ・ローズ
この花も名花ですよね~~
でも我が家では一時期かなり弱ってしまってからは、復活はしたもののやはり樹性は悪く、毎年数輪しか花を見る事が出来ません。
貴重な今年のお花・・・




2007_05270106_1.jpg
チャールズ・レニー・マッキントッシュ
このバラも家では古株ですね。
このチャールズって人によっては、すっごく丈夫で毎年爆裂するっ!
ってところもあれば、息切れ寸前みたいな感じでいつもパッとしない・・・
という人も・・・
我が家は後者です・・・
このライラックピンクのぽってりディープカップちゃんに憧れていたのに、やはり毎年数輪しかお目にかかれない花なのです。。。




2007_05290081_1.jpg
クィーン・ネファティティ
名前に惹かれて買ったんだっけ・・・・
フレ様には刺がすごいよ~とは言われていましたが、想像以上でした(爆)
剪定する時は慎重に慎重に! 
この鉢は結局一番奥の列、そう、通り道には置いてはならないのです。
花は蕾の時は赤味が強く出て、えっ!? っと思いましたが咲いてみれば綺麗な花です。




2007_05210069_1.jpg
バーバラ・オースチン
ちょっと小ぶりに咲いた今年。
愛らしいピンクの花が守ってあげたくなっちゃう。。そんな感じ


オールドローズが圧倒的に多い我が家。
春は賑やかでもその後は急に淋しくなってしまう・・・
やはり四季咲き性のあるイングリッシュは貴重な存在ね

スポンサーサイト

PageTop

登った~~ \(*⌒∇⌒*)/

闘病生活が始まって1ヶ月。
血液検査の数値は正常値に戻っているのに、桃君の無気力な態度が気になっていた。
でも、ステロイドをどんどん減量していくと少しずつだけど、元気になってきた。やはりホルモンバランスが崩れてかったるかったのかなぁ などと思う。

食欲はあるものの、下痢しやすくなっていて体重は少しずつ落ちていった。
1ヶ月前は5.2kgで今は4.7kgだもの。あっという間に減っちゃうんだな。
夕べはお薬を猫缶に混ぜて食べさせたんだけど、もろにお薬を噛んでしまったのね、とても苦かったようで少し食べただけで砂をかける仕草をして寝床に行ってしまった
やっちゃった==

数時間後さすがにお腹がすいたみたいで食べに戻ってきてたけど。。。

最初の頃はお薬を飲ませるのも一苦労で喉の奥に入れないで横の方に入れちゃったら、苦味が広がったのか泡吹いちゃって・・・
さすがに最近は慣れてきてあまり失敗もないのだけど、面倒な時はご飯に混ぜちゃうのだ。



そして・・・ 実に1ヶ月ぶりに

2007_05230083_1.jpg
登った=====!!

具合が悪くなってからは、ただのオブジェとなってしまったキャットタワー。
血液検査の数値がどんどん良くなって正常値にはいってからも遊びにあまり反応しなくなってて・・・
このタワーに自分から登ったら今までの桃君に戻れる!
と私たちは思っていたので、この姿を見てそれはそれは喜んだのだ




2007_05230087_1.jpg
今日は気分がのらなかったのか、ここには近寄らなかったけれど、、、、


あとは真夜中の一人運動会。これをしたら完全復活! だよね? 桃君!

PageTop

オールドローズ

今年は虫が少ないと安心していたら、春の嵐、強風で蕾が沢山落ちてしまった。1季咲きのファンタンラトゥールなんて蕾全滅!!ショック==
昨年GETした新入りで咲くのをとても楽しみにしていたのになぁぁぁ
やはり我が家は風が強いので、返り咲きする品種をもう少し増やそうかな・・


2007_05100087_1.jpg
Mme.Pierre Oger (ブルボン)
マダム・ピエール・オジェ
コロンとした可愛いカップ咲きで、シルバーピンクの花色。
香りもよく、返り咲きもするので我が家では大切にされている(笑)



2007_05180050_1.jpg
今年は成績がよく、沢山蕾を付けてくれたのでとてもうれしかったな。 咲き進むとまた別の表情を見せてくれる。



2007_05140048_1.jpg
ルーフの入り口にオジェのオベリスクがあり、ルーフに出ると真っ先にこのオジェの香りに包まれる
花持ちもいいので今年は随分長い間楽しませてもらった♪



2007_05190119_1.jpg
Sombreuil (ティ)
ソンブロイユ
むぅ~~~ キャリエールと同じく絶不調!!
これもカイガラムシの影響か?? 例年、蕾が付きすぎて自爆するくらいなのに今年はポツンポツン・・・・非常に残念~~~



2007_05190134_1.jpg
Le V'esuve (チャイナ)
ル・ヴェスベ
家の子は樹勢がいまいちなのか、こういうバラなのか、かなりうな垂れて花が咲きます。手で持たないと写真が写せないのだ。
花はチャイナ独特の柔らかい感じでこのふんわり感はとても好きかな~



2007_05180086_1.jpg
Rose de Recsht (ポートランド)
ローズ・ド・レシュ
紫がかった赤い花で香りもとてもよいバラ。
近所の園芸店で380円の新苗で売られていたのを衝動買い。
カタログを見ると返り咲く、と書いてあるが家では返り咲いた事はまだない。



2007_05180077_1.jpg
Cardinal de Richelieu (ガリカ)
カーディナル・ド・リシュリュー
この深い深い紫色の花色!なんて素敵なんだろう!
さほど大きくない花だけど、一斉に咲くのではなく順番に順番に咲いていくので1季咲きのバラって結構長く楽しめるのだが、今年はリシュリューちょっと不調です。。。

いや、不調の理由は何となくわかってはいるのだよね~~
買ってから一度も鉢緩めしたことないから・・・多分・・・



2007_05200052_1.jpg
White Grootendorst (ルゴサ)
ホワイト・グルーテンドルスト
このカーネーションのような花が可愛いな~と長年思っていて、ついに昨年水戸のナーセリーにてGET! あのおじさんのナーセリーの苗はどれも本当に立派でこのまま咲かせちゃってもいいかな~とこれは新苗からバンバン咲かせてましたf(^_^;

ピンク・グルーテンドルストの変種だそうだ。
今年の花には少しピンクが混じっている。ちょっと先祖帰りしたのかな?これはこれですごく可愛い




2007_05200055_1.jpg
5号鉢に入れたまただけど、バンバン咲いてます。
さすがに窮屈そうだから今年はちゃんと植え替えてあげよう(⌒o⌒;



2007_05190139_1.jpg
なんちゃってジャックカルティエ
数年前にジャックの札がついた苗を買ったのだけど、春にしか咲かないからもしや?と思っていた。
君は一体誰?? 葉の感じからアルバ系かな~?

さのの紫と小輪のバラはブラッシュノアゼット。
華やかなコーナーです♪
なんちゃってジャックをアップで撮らなかったのは、施肥に失敗して花型が崩れてしまって、十六夜バラのようになってしまったから・・(^◇^;

PageTop

血尿騒ぎ

事の起こりは14日の月曜だった。
病気になってからお腹が緩くなったり硬くなったりの繰り返しで整腸剤もひどい時は処方されていたのだが、ここ数日はわりと良かったのだ。
昨日の日曜日だって、とても健康的ないいウ○チだったので安心していたのだが、月曜の朝のは少し緩かった

夜にトイレにいった時はさらに緩かった。
そしてそれから小一時間経った頃だろうか、またトイレに向かう桃。。。
あれ?今日は何度も行くなぁ、、と思っていたら水下痢。。
ありゃりゃ====

ところがそれから1.2時間おきにトイレに出たり入ったり。。。。
さらに「オォ~ン、アォ~ン」と鳴きながら部屋の中をウロウロ。。。
和室の隅に隠れるようにうずくまったりの繰り返し。
これはなんだか様子がおかしいぞ!?
なにせ水下痢初体験だし、こんなにそわそわ落ち着かないで部屋の中をなにか場所を探すように彷徨う桃を見て焦る我々。。
猫飼いビギナーなものだからこういうちょっとした異変にもオロオロしてしまうのだ (⌒o⌒;

明け方3時半頃、またトイレの方で音がしたので行ってみると、かわいそうにまた、、、
私がトイレの処理をしていたらまたそわそわ、、、、
洗面台の上に乗ってシンクの中で粗相・・・
きゃ==だめだめ====!!!
我慢できなかったかぁ~~~ ごめんよぉ~~~
でも、もうスプーン1杯くらいの量しかでないの。。かわいそうに。。

翌朝、病院へ行くと先日検査したばかりでもう命に関わるような状態ではないので、まず今日1日絶食させて腸を休ませてあげましょう。と。
整腸剤を飲ませても改善されないようなら、食物アレルギーなど考えましょう。とのこと。
さすがに夜になるとご飯を欲しがったりもしたのだが、ここは心を鬼にして!
でもね~目が合うと、「ごはん~ごはん~。何でくれないの~?」と鳴くから、とにかく2人して目を合わせないようにシカトを続けた。
あの桃の恨めしそうな顔・・・・切ないよーー
桃君、また体重へちゃう (>_<)
病気の前は5.2kgあったのに今は4.7kgだもん・・・

夜が明けてご飯とお水の解禁!!
朝ご飯を食べ終えて桃がまたトイレに向かう。
あ、オシッコか。。さすがにお腹の中はもう空っぽのようだ。
トイレの中をみてビックリ!
げっ!! 血尿だぁ===!!
水下痢の後は血尿ですかぁ!? 勘弁してくれ====(>o<)

膀胱炎に発展してはいけないので抗生物質を処方される。
はぁ~~~ 桃君~~~~~ 
数値も良くなって病院も週一ペースだったのに、なんだか毎日通ってるよ??
桃自体はそんなに具合悪そうではないみたいなのに、飼い主の私の方が神経質になっちゃってるみたいだ。f(^_^;

今日、2日ぶりにお出ましになったそれは、ちゃんと形になっていました

桃には振り回されっぱなしだ==
桃にしてみれば「いちいち騒ぐなよ」ってな感じでしょうね (^◇^;



2007_04090105_1.jpg
お気に入りの窓辺
私たちはこの場所をお立ち台とよんでいる。風にそよぐバラや遊びに来るスズメ、飛んでる虫たち・・・釘づけなのだ。
今の時期はバラが咲いて窓を開けるといい香りが漂ってくる(*^^*)

PageTop

ロザリアンな日々

5月に入り、花々が咲き始める。
毎週のようにお友達のお宅でガーデンパーティーにお呼ばれの日々。
美しい花に、美味しい食事、楽しいおしゃべり・・・・幸せなひと時
先週は佳江さん宅でバルビ宴、今週はkajinyさん宅で壁庭オフ、Mayuー☆ちゃん宅で天岩戸のお花見会、とても楽しい時間を過ごした。

どの集まりにもデジカメを持っていかなかったので詳しいレポは皆さんのブログでお楽しみくださいませ f(^_^;

我が家の雑然としたルーフでもチラホラとバラが咲き始めています。

2007_05100090_1.jpg
Duchesse de Brabant (Tea Rose)
デュセス・ドゥ・ブラバン 形の良いカップ咲で四季咲き性がとても強く、香りも良くてとても育てやすいし、コンパクトにまとまるので鉢植えにも最適!我が家ではとってもとっても優秀なバラ。

まだ育てて、2年目くらいかな・・・すごく気に入っています♪



2007_05100097_1.jpg
Mme.Alfred Carriere (ノアゼット)
マダム・アルフレッド・キャリエール 通称 キャリ婦人
あ~あ 今年は絶不調! 今年の初め、気がつくとカイガラムシがビッシリ!慌てて、歯ブラシでこそぎ落としたけど、なんだか葉っぱの出も悪いし、花付もイマイチで悲しい~~



2007_05100131_1.jpg
Baron Girod de l'Ain (ハイブリッドパーペチュアル)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン なんと言ってもこの花の魅力は、赤い花弁に白い縁取りだね。
花弁もしっかりしているし、ぎざぎざの花びらは優雅というよりは力強さを感じる。 バラってどちらかというと繊細なイメージだけど、このばらに関しては格好いい!という表現が似合うと思う!




2007_05100110_1.jpg
Deuil de Paul Fontaine (モス)
デュイ・ドゥ・ポール・フォンテーヌ
数年前に初めてこのバラを見たときなんて素敵なバラなんだと感激した覚えがある。深い赤に深いカップ、カタログには栗色とも書かれてある。
咲き始めはカップ咲きで、咲き進むにしたがって綺麗なクォーターになる。



2007_05100134_1.jpg
すっかり開いて綺麗なクォーターだ。
家では紫を帯びた色で咲いた。




2007_05140038_1.jpg
Felicite Parmentier (アルバ)
フェリシテ・パルマンティエ
このバラは昨年、毎年恒例にしている茨城園芸ツアーで買ったもの。
ナツさんが穴場なナーセリーを発見して連れて行ってくれたのだ。これがまた、安くて立派な苗を売っていて私たちは大感動!!

うすいピンクで花の大きさは500円玉よりも少し大きいくらい。


2007_05180066_1.jpg
翌日は花も開ききって柔らかい表情に・・・




2007_05140034_1.jpg
Comtesse Cecile de Chabrillant (ハイブリッドパーペチュアル)
コンテス・セシル・デ・シャブリアン
ピンクのカップ咲きのぽってりさん。形はコロンとしていて可愛いのだけど、花色が思っていたよりもマットな感じで繊細さに欠け・・・(>_<) 




2007_05180058_1.jpg
Jeanne d'Arc (アルバ)
ジャンヌ・ダルク
葉の色が濃くてオフホワイトのひらひらした花とのコントラストは最高!
名前と違ってとてもはかなげなイメージの花だなぁと思うんだけど。。
ナツさんにいただいたお花です。 可愛く咲いたよ~♪




2007_05180053_1.jpg
香粉蓮 (チャイナ)
またの名を Souvenir d'Elise Vardon (ティー)
ま、数年前買った時の名は香粉連なので一応その名前を使おうかなと・・
咲き進むとクォーターになる。
しかし、ティーは湿気に本当に弱く綺麗に咲いたためしがない(>o<)



ルーフにでるとふわ~っとバラの香り、ルーフに面した部屋の窓を開けるとふわ~っとバラの香り・・・
幸せだぁ~~~


PageTop

クレマチス その1

5月は大好きなバラも続々開花するし、あちこちでオープンガーデンもあるし、メンテやお出かけで1年で一番忙しい月。

家のルーフのお花達も今年はあまり手をかけてやれなかったわりには蕾が多くついてるみたい。なんと言ってもバラゾウムシが今年は少ない!!
アブラムシもあまりいない。
我が家のルーフでも花がボチボチ咲き出しました。
まずはクレマチスから・・・

2007_05100100_1.jpg
美佐世
この紫の縁取りがとても美しくてお気に入りの花です
多肥を嫌うようで手がかからない良い子です。
花弁のひらひらもかわいい。。。




2007_05100104_1.jpg
紀三井寺
美佐世と少し似ているが、縁取りはすこしピンクがかっている。
花弁もペタッとした印象ですね。




2007_05100107_1.jpg
さのの紫
数年前に筑波の実験植物園のクレマチス園で一目ぼれ。
写真では明るく写ってしまいましたが、ベルベットのような質感でものすごく格好いいです。
しかも多花性なので花付きがものすごくいいのも嬉しい。
たわわに咲いた写真を撮ろうと思ったら、先日の強風で花弁が痛んでしまって無残な姿に・・・




2007_05100094_1.jpg
ジリアン・ブレイズ
このひらひらした花弁がとても優しい感じを出している。
これも花付きがよく一斉に咲いた姿は見事です!




2007_05100113_1.jpg
天塩
八重咲き品種特有のこのぽってりした蕾がとてもかわいい♪




2007_05100103_1.jpg
少しずつ花弁が開いていく姿も優雅じゃないですか?




2007_05100101_1.jpg
開ききるとこんな感じ。




2007_05100130_1.jpg
一斉に咲くので満開の時はすごく豪華です。
豪華すぎる・・・・・
もう一回り小さい花だとたわわに咲いてくれてもそんなにうるさく感じないのだけどな。。。
クレマチスは小さくても「あれ、いつの間に咲いてた?」となるし、大きすぎればうるさく感じるし、本当にこればかりは好みだし、難しいですね~

実は天塩も実験植物園で一目ぼれしてすぐにGETしたのに、家で咲くとな~んか微妙に違うんですよね~~(⌒o⌒;





PageTop

順調!!!

今日は病院に行く日。 
さて、桃君、先生のところに行こうか~。
とキャリーの中へ入れようとしたら少しだけ抵抗・・・
今日は色々先生に聞きたいことも会ったし、相棒と2人で出かけた。
車の中で騒ぎ出すかな?と思ったけど、ほんの少し「ニャ~」と鳴いただけで大人しいものだった。
しかも、病院の待合室の中でもじ~っと黙ってお利口にしている。
えぇ~!??
噂には聞いていたけど、こんなにお利口に待っているなんて!!
感動すると共になんだか複雑~~~(⌒o⌒;

そして診察、、、
どんどん回復しているはずなのに、相変わらず一日中だるそうに寝ていること。
でも、だるそうにしていても苦しそうではなく、なんだか無気力っぽくテンションが低い事、を伝える。
また、オナラを今日は何回もして、お腹にガスがたまっているみたいだ、とも報告。

今までは血液の濃度ばかり調べていたし、体調を崩してから約3週間、ここらで全体的な血液検査をもう一度してみましょう、ということになった。
肝臓の数値が最初悪かったのでそれも知りたかったし、そうしてもらった。

さて、採血。
ちょっと嫌がっていはいたけど、エリザベスカラーも装着されなかったし採血は1発でOK。私が感動していると、相棒が連れてきていた間はもっと大人しく採血させていたらしい。むぅ~~~
やっぱ、私がいると甘えちゃうんだ。


そして、結果が出ました。
診察室に呼ばれて入っていくと、先生が「嬉しくて涙がでちゃったよ」と。

                      3週間前   本日
肝臓のGPT 正常値29~84 が    120    50
貧血のHT     24~45        15    41 
白血球数   5500~17000      8000   11700

なんと!どの数値もバッチリど真ん中!
健康体の猫と変わらない値だ!!!
うきゃ===!!!よかった===!!!

という事で肝臓のお薬は今日から無し!
プレドニンも更に減量で5m錠を半分にしたのを1週間分
それと副作用対策で胃薬。ステロイドと胃薬はセットで考えた方がいいのだそうだ。

ただ、毎日こんなに食べているのに体重はまた減っていて4.8kgになっていた(>_<) 食べてるのに体重が減っていくなんてぇぇぇ
ウンチもゆるくなりやすいし・・・
先生に相談するとサイエンスダイエットのパーフェクトバランスの試供品のカリカリを2袋くれた。
やはり餌って大事なんだね f(^_^;

元気のない事を心配すると、数値的には健康体とさほど変わらないので、ここ3週間ほどちやほやされて、殿様になってるのでは?なんて冗談ぽく交わされてしまった。
でもねぇ~ 図に乗ってるようには見えない・・・
色々検索してみたら、ある、動物病院のHPにステロイドの副作用のところに無気力、と書いてあった。
そっか、やはりお薬のせいなのね?
了解、薬は減量しているしだんだん元気になるかな

 

2007_05100128_1.jpg
大人しい桃君はもう見飽きたよ
早く元気になってね♪


PageTop

非再生性貧血

連休中に外部に発注した桃の血液検査の結果が来ました。
中等度の非再生性貧血、ということでした。
貧血の原因は特定できず。。。
ただ、寄生虫によるもの、リンパ腫等を示唆するものは検出されなかったようです。

非再生性貧血とはなんぞや??
と調べてみました。
貧血は大きく2つのタイプに分ける事ができるらしい。

非再生性貧血とは、血液が何らかの理由で作られなくなり貧血を起こした。というもの。
血液が作られなくなる原因は様々あるらしい。

また再生性貧血は血液が作られているけど、貧血を起こしている状態。
これは血を作るときに具合が悪くなるらしく、このタイプの貧血に輸血してしまうのは逆効果なのだ。

今日現在、桃の貧血の数値は36%にまで上昇した。
猫の正常範囲は24~45%
成猫は40%前後やはり欲しいらしい。

数値的にはもう正常値の範囲以内。
ステロイドも順調に減量し始めている。あと、もう少し!

ステロイド。
これもよく聞く薬の名前。でもその正体は何??
副腎皮質ホルモン剤、う~ん難しい。。
ネットで調べてみると、強力な免疫抑制剤なのだそうだ。
そっか、ホルモン剤か、、、だからまた自分でホルモン作れるように??徐々に減量していくものなのか。。。
ということはリバウンドもあるってことかな?
ちょっと今度病院で先生に聞いてみよう。

それに副作用のことも。
食欲亢進のことは聞いていた。
本当に、食べても食べてもご飯を欲しがるようになった。
最初は食欲が出たのですごく嬉しかったのだけど、今はまた~?
また食べるの~? また下痢になっちゃうよ??
てな感じ。

ご飯の催促だけはきっちりするのに、それ以外はひたすらだるそうに寝ている桃。。。けっして体がきついわけではなさそう。
数値も上がってきてて、食欲も出てるのに、元気だけがない。というのもまだ心配。。
ねこじゃらしにも少しは反応するものの、やはりすぐに遊ぶのを止めて寝てしまう。。これも副作用なのかな?

うん、これも先生に聞いてこよう。

5月5日 桃君の初節句
昨年の子供の日はまだきっと野良生活してたはず。
お祝いどころではなかったけど、慌てて、新聞で兜を作ってあげたf(^_^;


2007_05100082_1.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。